薬を使った治療のデメリット

アレルギー体質の人や肌が弱い人は副作用のリスクがある

薬を使った薄毛治療は、薄毛の原因によっては短期間で発毛効果を得られることがありますが、薬の成分が身体にダメージを与えてしまうといった問題もあります。特に、アレルギー体質の人や肌が弱い人が薬物治療を選択する場合には、治療後に皮膚の痒みや頭痛などのトラブルが起こる可能性が高くなるため、カウンセリングの際に主治医に自分自身の体調について告知しておくことが大切です。最近では、副作用のリスクの低い内服薬や外用薬なども登場していますが、安心して薄毛治療を進めるうえで、なるべく薬に頼らずにサプリやシャンプーなどを使った方法を選択するのも良いでしょう。その他、副作用のリスクについてよく把握をするために、初診時のカウンセリングがしっかりとしているクリニックを選ぶことも大事です。

治療期間が長くなり出費が嵩むこともある

薄毛治療の効果は人によって大きな違いがあり、ある程度の発毛効果が認められるまでに一年以上かかる人も珍しくありません。そのため、軽い気持ちで薄毛治療を始めたものの、経済的な負担を理由として途中で治療を断念してしまうケースも目立ちます。こうしたトラブルを回避するために、定額制の料金システムが採用されているクリニックを選ぶことや、余裕をもって治療計画を立てることが大事です。また、初めて本格的な薄毛治療を始めるにあたって、各地のクリニックで処方されている薬の種類や月々の料金について比較をする必要もあります。その他、通院を始める前に各クリニックの患者の感想をチェックして、おおよその治療期間の長さについて把握をしておくと良いでしょう。