薬を使った治療のメリット

主治医と相談しながら治療を続けることができる

飲み薬や塗り薬を使った薄毛治療のメリットとして、主治医と相談をしながら治療を続けることができるため、治療に対するモチベーションを高めることが可能です。また、治療中に副作用や後遺症などのトラブルが起こった時にも、医学的な観点で適切な対応を受けられるという魅力があります。最近では、カウンセリングの時間に薬を使った治療の効果の現れ方やリスクについて、一人ひとりの患者に対して詳しく説明をしているクリニックも増えています。そのため、初めて美容皮膚科などの専門的なクリニックで治療を始める人も、仕事や家事などの負担を考慮しながら治療計画を立てることができます。なお、薬を使った治療の効果の現れ方には個人差があるため、焦らずに医師の指示通りに治療を進めることが大事です。

他の治療法と比べて費用を安く抑えられることが多い

薬を使った薄毛治療は、メソセラピーや植毛などの方法と比べて治療費用を安く抑えられることが多いため、中高年層の男性を中心に人気が集まっています。薄毛治療をメインに行っている大手のクリニックの中には、再診料や薬の処方料などを患者に請求しないところも少なくなく、月々一万円以内で通院をすることも可能です。また、薬の種類や量などによって、治療費用に差が出ることがあるため、カウンセリングの際におおよその治療費用の相場について主治医に質問してみましょう。国内の多くのクリニックで定着している内服治療については、数か月から一年ほどである程度の発毛効果を期待できます。そこで、育毛剤やシャンプーなどを使っても効果が出なかった場合には、ためらわずに通院を始めることがおすすめです。